<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お坊ちゃま君。

金曜日からえな君が泊まりに来ていたのだけど、本日お家へ帰っていきました。


普段は都内に住んでいるシティボーイで、犬種はマルチーズ、年齢1歳5ヶ月、体重4,8グラム、少々甘えん坊な男の子でございます。
そんでもって鎌倉にも家がある・・・ということは以前から聞いてはいましたが、あじさいで有名な某お寺のご子息ということが本日判明。
こんなお坊ちゃまなえな君と是非お付き合いしたいキュートな女の子はお見合いの斡旋を致します!→ウソ


ディナータイム!
えな君のごはんは鳥のささみ。(左)
かたやウィンディはドライフードONLY。(右)
どうもえな君のものが気になる模様。
「いつか出世して食べたいだけトリを食べさせてあげるからね・・・ウィン子よ(涙)。」

当の本人達はただただごはんが欲しいだけ。
「早くしろ~」byえな&ウィン
f0061678_21279100.jpg

[PR]
by hasewin | 2008-06-22 21:34 | ホームステイ

アメリカ紀行~研修編③

続・外でのトレーニングです。

今回の研修で興味深かった「Feisty Fidos」のクラスの風景。
ちっちゃくて見づらいですね・・・。
f0061678_218996.jpg



このクラスは対犬と上手く関われないという問題を抱えた犬達が集まっています。
お互いのボディランゲージが読めない・興奮する・ケンカする・・・などなど。
相手に「パンチしてから、hello!」って言っているみたいなもんよ~とスタッフの方は表現しておりました。なるほどね。

クラスも3段階に分かれてて、室内での練習を経た後問題の出やすい外へと場所へと移行してレベルを上げていきます。このクラスはレベル3で一番上のクラスだったかと思います。

上記写真の撮影後には、一組ずつ呼び戻しの練習を行っていました。
犬は両サイドの犬の間を通り過ぎて飼い主の元へ戻らなくてはなりません。
順番を待っている犬は地面に横になったり伏せたりしてリラックスの状態を維持させます。
この手の犬達は自分の感情をセルフコントロールできない傾向にあるので、リラックスすることを積極的に教えます。
最初は飼い主が付き添って必要があればボディコントロールし、徐々にこのクラスのように指示で出来るようにレベルを上げていきます。そうなるまでには相当な時間がかかっているそうです。
トレーニングは根気です!
また呼び戻し以外にも、他の犬がいても飼い主に集中して「待て」などのオビディエンスを各自練習したり、犬達をフリーにして犬同士でコミュニケーションを学ぶ時間などもありました。

実際、このクラスの時間には犬同士のトラブルは見られませんでしたが、クラスを終えて移動の間にクラス以外の犬に遭遇した時に若干吠えあう姿を目撃しました。
でも、飼い主がきちんと対応していたのには感心させられました。
授業を通してハンドリングのスキルがあがり、咄嗟の時にもどう対応すればよいかが身についているのですね。すばらしい!


f0061678_21172143.jpg

ちょっとメタボなロットワイラー。
この子はすぐ近くにいたラブラドールと目線が合う度にもめていたようです。
でも飼い主のハンドリングのせいもあって、随分人にアテンション向いてますよね~。
もう一息かな、がんばれ~。
[PR]
by hasewin | 2008-06-20 21:22 | トレーニング

アメリカ紀行~研修編②

今日は屋外でのレッスンを中心に報告します!


ちなみにリポートは日毎に分けて報告しようかと思ってたのですが、現地ではスケジュールの変更変更でぐちゃぐちゃしてましたので、帰国して私の頭の中でまとめたものをブログにアップしております。


これは、シェルターの建物の正面にあります。
f0061678_1242485.jpg

現地ではこのスペースで「ラリー・オー」という競技のデモンストレーションを見せていただきました。
日本でもアジリティー・フリスビー・K9ゲームなど犬と飼い主が一緒に行う競技がいろいろありますが、「ラリー・オー」もその中のひとつ。


f0061678_1281791.jpg

どうでしょう?犬も人も楽しそうですね~。
こんな風に赤いポールがコートに点在し、それぞれに番号とラミネートされた紙が貼られています。競技者はSTARTの合図で番号を追って進んでいき、GOALへ犬と一緒にたどり着けばよい訳です。
「なんだ簡単じゃん!」と思いきやそうは問屋がおろしません。
ラミネートされた紙には「○○をする!」みたいな事が書かれてあり、それを犬と一緒にこなさなくてはいけないんですから。犬にやたら触れていいわけでもなく、おやつを使用するタイミングも限られていますから、無制限に使ってもよいツールは己の声のみ!
いかに飼い主が犬に声がけし、犬の集中を維持させられるかが重要です。


犬になった気持ちでコースを一通り歩いてみましたが、思った以上に難しい。
私の頭では指示に書かれた行動が瞬時に取れませんでした・・・。
例えば「犬を座らせ、犬の周りを270度まわる」と書かれてても、まわっているうちに、270度がわかんなくなっちゃったりする訳です。
実際、飼い主がコースを間違える失敗は結構多いみたいです。(ほっ、私だけじゃないやい)
時間にも制限があるのでのんびりもしていられないんですね。


「ラリー・オー」は減点方式で「完璧」を競うのではなく、参加の窓口が広いようです。
でも、「犬と飼い主の関係(絆)」と「正確さ」はすくなくても求められる競技ですから、犬と楽しくコミュニケーションを図ったり、飼い主が慎重に犬をコントロールするという意識づけの意味ではこれから日本にも普及したらよい競技だなと思いました。



ブートキャンプ辛い・・・。
第2巻を2日連続で行ったら、ありえないような部位が筋肉痛。
ちなみに第2巻は応用プログラムで二の腕・ヒップ・太ももを鍛えるらしい。
年寄りのような生活を送ってます・・・。いてて。
[PR]
by hasewin | 2008-06-16 12:56 | トレーニング

アメリカ紀行~研修編①

ニュージャージー州にある「Animal Welfare Center」へ行ってきました。
ここではシェルター・トレーニング・デイケアが中心に行われています。

私は前職であまりにも忙しくしており外の世界を見る機会がほとんどありませんでした。
アメリカでのトレーニングがいかほどか、施設はどんな雰囲気か、自分が学んできた事と相違があるか・・・など知りたくて今回渡米した訳です。

敷地はとにかく広い!
緑が豊かでとっても良い環境でした。
そこにこのセンターがあります!
f0061678_1323396.jpg

センター内にはシェルターとデイケア施設があります。
シェルターでは保護されたり飼育放棄された犬や猫が管理され、新しい飼い主に引き取られるのを待っています。
デイケアはアメリカではポピュラーで、朝ここへ送られて夕方飼い主さんが再びお迎えにくるシステム。その間犬たちは、ドッグランでのフリーを満喫したり、お散歩へ行ったり、ゲージで休んだりして過ごすそうです。

シェルターでは今回の滞在中、約25頭の犬が保護されていましたが、これは他と比較しても
かなり少ない頭数だそうです。
それだけこのシェルターではもらわれる率が高いのだとか。
保護された犬は早々に検疫を済まし、性格診断が行われます。
性格診断で基準をクリアした子は基本的なマナーを学びます。
これらを行う事で犬たちは新しい飼い主にもらわれやすくなるわけです。

しかし残念ながら、病気や性格診断に不合格になってしまった犬たちの一部には安楽死という悲しい選択肢もあるようです・・・。


シェルターの犬や飼い主のいる家庭犬のしつけはセンターから少し離れたスクールでトレーニングを行います。
f0061678_13453330.jpg

かなり広々としたスペースですよね。
壁には犬たちの写真や賞をたたえるカラフルな飾りが目に付きました。

f0061678_13462783.jpg
 
シェルターの子達がトレーニングをしている様子。
リードを引っ張らない、体を触らせる、トリーツの食べ方などなど、日常生活で最低限必要な事を教えています。
シェルターの子の印象としては性格診断をパスした子達だけあって、明るく元気な子が多いように感じました。元気が良すぎるのでそこをコントロールする術を学ばないとって感じかな?

つづくっ!
[PR]
by hasewin | 2008-06-14 14:01 | トレーニング

ただいまっす!

昨日、帰国しましたぁ。
いや~疲れた、疲れた。
初めてのニューヨーク、濃厚すぎてご馳走様って感じです。
あまりに疲れたせいか、昨夜は真夜中に足がつってしまうという事態まで勃発。


さて、どの国にも「印象」ってものがあると思いますが、アメリカは「BIG」ですね~。
人も犬も肉も野菜もぜ~んぶデカイ。
食事なんか、何を注文してものけぞってしまうほどのボリュームでした・・・。
げぷっ。


日程は全部で9日間。最初の5日間は犬についてのお勉強、残りは観光で満喫しました。
それらについての報告は少しずつアップしていきたいと思います。
でもまずは、ジャンキーな食いもんですっかり肥えてしまったものですから、
「ビリーズブートキャンプ」に入隊し(ちなみに3度目です・・・)、もとの体重に戻したいと思います。
[PR]
by hasewin | 2008-06-12 15:25 | 今日のhaseyu

不幸な出来事

今日は病院へ行ってきました。
ウィンディのです。


一週間前から耳の中が赤く汚れていたのですが勝手に「カビ」と判断し、カビを押さえる点耳薬を耳の中に入れてたものの、更に悪化。
点耳薬はいつのものか分からない代物だったので、それがたたってしまったのか。

診察台の上では看護士さんに体を保定されたウィンディが先生に耳をほじくられ、怖いやら痒いやらで降参の証、おまたをパカッと広げて恥ずかしい姿になる始末。
「カビ」は先生の診断と一致しましたが、「古い薬はやめようね~」などと、ソフトに叱られてしまいました・・・。


無事に治療を終えた帰り道、突然ウィンディに異変が!
カニの如く口から泡を吹き、ブルブルッブルブルッと激しく頭を振っている・・・。
ただならぬ様子をしばし観察していると、どうやら何者かが口の中にが入ったらしい。
しきりに泡を吹き出して何かを出そうとしている。
・・・が、よ~く見ているとマズルの先端のほうになんかくっついている。


「あれ?」

「は、はち?」
そう、ウィンディの鼻先にはミツバチがついているではありませんか。
しかもハチの感じからすると針を刺しているゾ!


デコピンの要領でハチを追い払おうとしたけれど、針が刺さっているからなかなか離れないっ。
大騒ぎしてすったもんだしていると気づいたらハチはいなくなってました。


「ほっ。」
ウィンディも何が起こった分からず、すっかり怖気づいている。
どうやら私のせいでこの不幸な出来事が起こったと疑っている様子・・・。
助けてあげたのになんでしょ、この仕打ち!


そんな訳で再び病院へ逆戻りしハチの針を引っこ抜いてもらい、ショックで死んでしまわないようステロイドの注射を一発打ってもらいました。



それにしても普通に歩いててよく口の中にハチが入ったなぁ。
どんな顔して歩いてんだ、この犬は。
そういえば私も子供の頃、目や鼻の中に虫が入ったっけ。
でも、口には入んないよな・・・。
ハチって針を刺す時は死ぬ時なんだよな。
などとブツブツとつぶやきながら家路を急ぐのでした・・・。




明日から自由の国、アメリカへ行ってきます。
さようなら、ウィンディ。
さようなら、みなさん。
(ウィンディはお友達のビビィくん、ディッパーちゃん宅へ預けます)
(6/3~6/11は連絡つながりませんのでご了承下さい)
[PR]
by hasewin | 2008-06-02 16:18 | 今日のwindy

アイドルかっ!?

最近、脱衣所でこんな子を発見。
恐怖にとりつかれている・・・。
f0061678_1242957.jpg



悪の根源はコレ!
f0061678_12442437.jpg

そう、乾燥機付洗濯機。
この日、冬用の毛布を洗っていたのでドラムの中から物凄い音を発しておりました。
脱衣所に一番近い部屋にいたウィンディが音の被害に会ってしまった次第であります。

恐怖にかられたこのままではまずい!
いかに「恐怖→楽しい」に気持ちを切り替えられるかが重要であります。


「よーしウィンディ、元気の源だ!」
f0061678_12511096.jpg

写真撮るのに待たせてる(生きてるかぃ?)けど、怖い刺激の直後に即刻、もしくは(出来る)指示をさせてからおやつやおもちゃをあげましょう~。
ちなみにウィンディはクッキをばくばくと食いまくってました。
「怖い音の後にはクッキーがもらえる」って頭の中のイメージを変えることと、クッキーを食べてるうちに「怖い」気持ちが薄れていくことがポイントでっす。
ものの数秒で自らドラムへ近づいてました。

それにしても食い意地が張ってるとこんな時ホント楽だなぁ・・・。
って関心している場合ではなく、成犬になってこんな反応が出てこないようパピーの頃から怖いものを減らしていきましょう!
まぁ、それでも怖がりな子は怖がりなんですよね。ウィンディのように。



さて、私悩み事があります・・・。
結婚式が破談・・・ではなく、結婚式にウィンディをどんな格好させるかについて悩んでるんです。
先日、代官山で犬用のウエディングドレスを見てきたのだけれど、値段がえらい高っ。
4万ちょいだって!
ウィンディ的にはそんなもん買うんなら、おやつ買え~ってとこだと思います。
だいたいその時しか着ない服ですから、それにこの金額は・・・・・・ちょっとね・・・・・・。
まぁ、価値観の問題ですけれど。
そこで、家にあるもので間に合わそうと試したら、こんな感じになっちゃいました。

どうでしょう?一昔前のアイドルって感じじゃな~い?
秀樹とピンクレディーのコラボってとこかしら?
(ララちゃんのお母様、頂いたカラーで遊んでしまいすいませんっ)
f0061678_1342482.jpg



あれれ、すねっちゃったよ
f0061678_1371173.jpg



「ウィンディ、これでも母は真剣に思案中なのだよ。」
f0061678_1383651.jpg



あ~、ホントにどうしよう。
ディノちゃん、ビビィくん、アレンちゃんはどうするのかしら?
[PR]
by hasewin | 2008-06-01 13:09 | トレーニング


Doggy's SOS


by hasewin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

お友達と。
at 2014-06-17 22:35
私の好きな色
at 2014-03-11 21:48
お久っ!
at 2014-01-17 21:45
南紀紀行PART2
at 2012-07-09 00:44
南紀紀行PART1
at 2012-07-05 15:22

カテゴリ

全体
トレーニング
今日のhaseyu
今日のwindy
旅行
ホームステイ
ディスク
ウィンディのケガ&病気
my wedding
おすすめグッズ
ホップ 引き取り
ホップ2~3ヶ月
ホップ3~4ヶ月
ホップ4~6ヶ月
HOPのケガ&病気
HOPの問題行動
未分類

以前の記事

2014年 06月
2014年 03月
2014年 01月
2012年 07月
2012年 06月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
動物・ペット

画像一覧