GCT in 那須

4月22日(日)快晴。
第39回グッドシチズンテスト(GCT)を受験してまいりました!
勿論(!?)、合格です!!

winwinがこのテストを受けるのは2回目ですが、何回受けても緊張します。
そして今回も簡単に合格したわけでなく、「吠え」に苦戦しました。
ちなみに前回は「アテンション」に悩まされました・・・。
winwinは常にhaseyuを悩ませてくれます。
ではテストの項目順にwinwinの勇士を語りたいと思います。

1:ビニール袋の提示
 これは、大丈夫。haseyuのポケットにはいつでもう○こ袋が入ってます。
 犬・・・ではなく飼い主の意識が問われてるんですね。

2:飼い主が他人に挨拶をする間、座って待つ
 これも、問題なし。「マテ」の指示でじっと待つwinwin。

3:座って他人に触れられる
 余裕。

4:リード付きで歩く
 この項目は不安要素あり、でした。
 winwinの趣味は「臭い嗅ぎ」なので、「ツケ」の指示で歩いていてもよく顔が下を向くのです。
 1歩→おやつ・・・で歩数を延ばし、後はおやつを少しずつ抜いてこの項目の猛練習を行いまし た。

5:リード付きで人込みを歩く
 問題なくクリア。駅前で改札から出てくる人ごみを「ツケ」ですり抜ける・・・というなんとも迷惑  な練習を行いました。

6:「刺激」の中を歩く
 刺激は、スーツケースを引く音・ペットボトルを落とす・お菓子の袋をガサガサさせるでしたが
 そんなことで動じるwinwinじゃあございません。

7:飼い主の横で伏せ、待て10秒間
 ノープロブレム。

8:飼い主から1.8m離れて30秒「オスワリ・マテ」
 全然オッケー。

9:活発に動かしてから落ち着かせる
 楽勝。

10:呼び戻し(6mのリード付き)
 これは・・・意外と気をつけた項目でした。「オイデ」で来るのは問題ないのですが
 フリスビーを始めて以来、テンション高めで走るときに吠えるのですわ・・・。
 winwinの様子(興奮の状態)を見ながら指示の出し方を変えるようにしているのですが、
 テスト当日は声符・視符ともに指示を出しました(テンション低めだったので)。
 案の定「わんっ」までは吠えないものの、「がるるるっ」と唸り声を発してました(汗っ)。
 でもなんとか大丈夫でした(ホッ)。

11:他の犬とのすれ違い
 すれ違う犬が登場し犬に気づいたときの最初のアテンションが向いてしまいさえすればあとは 大丈夫。問題ありませんでした。

12:犬の四肢をタオルで拭く
 これは毎日のこと。なんてことありません。

13:食事中テーブルの下で待つ
 問題はコレ!!!
 待つことは出来るのですが、伏せて待っている最中に聞こえてくる物音に吠えるんです。
 会場の立地上、外からwinwinの苦手な犬の吠え声が聞こえてくるしhaseyuはドキドキで  す。普段は叱れば止めるのでほとんど困らないのですが、テスト中は叱れず、しかも1度でも
 吠えたらアウト。
 対策としてフセの姿勢でも出来る「犬の声→バーン(銃で撃たれるっていうアレ)」で気を紛ら  すトリックをさせる練習を行ってたのですが、テスト当日winwinは要求でもにょもにょとおし  ゃべりをし始めたのでこの作戦は水の泡。
 よって、このテストの最中の10分間に犬の声が聞こえないよう神に祈るのみ。
 haseyuの願いが通じたのか、テストの間犬の声は聞こえませんでした。
 神様、仏様~。ありがとう。
 無事クリア。

14:留守番・クレートに入り、10分間飼い主を待つ
 項目13同様、犬の声で吠えないことを祈ってましたが、大丈夫。
 
15:獣医師による検診とグルーミングチェック
 これも大丈夫。この年齢(3歳)にしてこのスレンダーなバディとお褒めの言葉を頂きました。

以上でGCTの反省会は終了です。
当たり前に出来る項目ばかりですが、テスト会場という特殊な雰囲気の中で一度のミスもなく
こなしていくのは思った以上に大変なことです。
実際、不合格だった子だってwinwinより落ち着いて良い子ばかりだったのですよ。
緊張するしテストは二度と受けたくない・・・と思いながらもテストの練習を通して学ぶことはたくさんありました。
犬の苦手なことはミスが減るよう飼い主がフォローすればいい、そうすれば必ず犬は答えてくれます。その過程を通して犬とのコミュニケーションが増し、絆は強まります。そして目標を達成するときに飼い主に大きな喜びがありまたその喜びが犬の喜びにもなるのです。
テストに合格してもしなくても関係ないでしょう。

winwin「とかなんとかいっちゃって不合格なら怒るんじゃないの~?」

また2年後の更新も受験したいと思います。

winwin「やだ」
[PR]
by hasewin | 2007-05-06 22:56 | トレーニング