再トレーニング

前回のフリスビーの大会で、競技の最中にウィンディが臭い嗅ぎが始まってしまった・・・
とコメントしたのですが、アレはやはり夢でも幻でも偶然でもなく、現実です。
最近、フリスビーの練習中にも頻度があがってるんです、この「臭い嗅ぎ」の出現が。
「ウィンディやるよ~」と声を掛けると最初は集中するものの、2~3投目以降に突然
気がそれてキャッチしたフリスビーを放ってしまい、その場の地面をクンクンする始末。
次の大会まであと1ヶ月だから、なんとかせねばっっ。
GCTの練習でもこれで苦戦したなぁと昔を懐かしんでいるばやいではない。
どこをどこからどーしてくれましょう!


ウィンディを見ていると原因はコレっていうように特定できず、いくつかの要因が絡みあっているように感じます。
その要因たちは、「(残念ながら)練習がつまらない」・「外の刺激不足」・「満たされ病」が考えられます。


最初の「練習がつまらない」・・・は読んで字のごとくフ楽しくないんでしょうね。
ウィンディはもともと持来欲(もってこい)や獲物獲得の欲が低い方なのでフリスビーには全く興味のない子だったんです。食べ物のモチベーターを使用して今の状態にやっとこさ持ってきたのですが、その食いもん(ササミ)をもらうほどその仕事(フリスビーを捕まえる)は魅力的じゃあないというんでしょう。モチベーションがうんと上がるものを使うのもひとつの手です。

キャッチする時にくわえ方によっては痛そうにしますしね(ウィンディを見てれば分かります)。

練習のやりすぎもつまらなくなる原因です。確かに最近私張り切ってましたし。
ウィンディとのコンビネーションは短く成功させてを意識しているのでそれはやりすぎじゃあないと思うんですが、一人でのスローイングの練習が長~いっ。
その間ウィンディはフリーでその辺うろうろして臭いかいで暇つぶしているし、あげく「まだ~?」
的によく私を見てたっけ?


「外の刺激不足」・・・これは最近この寒さでしょ!?
だから散歩さぼちゃっいまして。
刺激にさらされない事で、今まで何でもなかった事がなんだか気になっちゃうのでしょう。
散歩コースもかなりパターン化してるので色々なコースに連れ出さなくてはなりません。


「満たされ病」・・・これは最近のワンコに多いかもしれません。
犬が生きていく上で必要なものが常に満たされていると、「貪欲」になるんです。
例えば常においしい食べ物がお腹いっぱい与えられてると、どうしたらどのクッキーがもらえるのかなんて考えもしなくなるでしょうし、あげくそんなもんいらね~なんてことになりかねません。そうなって何があかんのかっていいますと、犬にして欲しい事を陽性強化で教えていくのが非常に困難になっちゃうんです。
そりゃあいつかはお腹がすいてクッキーを欲しがる時がくるかもしれませんが、そんなの待ってたら日が暮れてしまう。教えたいと思ったその瞬間に犬も「やるやる~」っていう状態を常に作っておくことが必要なんですね。
遊びが好きな子ならおもちゃを、人が好きならスキンシップや犬への注目を、腹8分目でちょっと物足りね~と感じさせておくのが結構大事なんです。

それでウィンディなんですが、最近一緒にいる事が多いんでついつい構っちゃうんですよね。
寝てるウィンディをこねくり回したりとか。ウィッちゃん、ウィッちゃん・・・て誘っちゃう。
室内でそんな調子だから外のような特別な場所でウィンディから私に歩み寄るはずがない。


要はウィンディの問題ではなくウィンディの全てを管理している私の問題って事です。
よって異常な構いすぎは控えつつ外の練習時に120%の愛情・おいしい食いもん・フリスビーという特別なおもちゃを与えるよう生活を改善したいと思います・・・反省っ!!


長くなりましたが・・・以上。
[PR]
by hasewin | 2008-02-14 19:44 | トレーニング